シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  

シンガポール留学

シンガポール留学って

学生ビザ
(student pass)


ワークホリディ
(ワーキングホリディ)



シンガポールの学校
大学
語学学校

滞在先


シンガポール ホテル予約
シンガポール ホテル予約はこちらから!!


100%留学リンク集
留学の総合情報サイト。


留学保険のAIU


 











トップ>シンガポール留学
シンガポール ワークホリディ



2007年12月1日より、ワークホリディビザ(従来のだれもが行けるワーキングホリディとは異なり大学生、大卒者ということが条件になってワークホリディという名称らしいですが、まぁ同じようなものですよね・・・)の発給がようやくはじまり、ビザ申請を受け付けるようになりました。初年度ということで試験的な試みのようで、他国では1年間の滞在ビザですが、シンガポールは6ヶ月です。


ワークホリディ、通称ワーホリとは、働くことで滞在費を補い、また並行して語学学校に通ったり、資格習得、ボランティアなどをしながら1年間の長期滞在を経験できる、国際交流目的の政府協定です。ワーホリの魅力は海外でお金を稼ぐことによって色々なことにチャレンジできるという事。海外インターンを経験してみたい人、ゆくゆくはシンガポールでの正規就職を目指す人、英語のほかに中国語も学びたい人などにはとても良いシステムだと思います。しかしこれはいわば若い人の特権を生かしたシステムなので、17歳から30歳までの大学生と大卒者のみが対象となります。


限られた6ヶ月という長期滞在を有意義なものにするか、無駄に終わってしまうのか、これも全て自分次第だと思います。シンガポールで何を具体的にしたいのか明白にして、そして行動することが有意義なワーホリ滞在にするポイントだと思います。

正式名称
Singapore Work Holiday Programme/シンガポールワークホリディプログラム
人材開発省(MOM)内ワークホリディサイト
参加資格
*対象となる 大学(高等専門学校を含む)在学中もしくは大学(高等専門学校を含む)を卒業した17歳から30歳までの男女。対象大学:国立 公立 私立
*有効なパスポートを所持している者
*シンガポール滞在費、生活費、入出国における費用を有する者
ビザの有効期間
6ヶ月間
発給人数
8カ国2000名:オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、イギリスおよびアメリカ
*上記8カ国の国籍を有さない者でも、8カ国の対象大学卒業者や在学生は申請資格あり
必要書類
*ワークホリディビザ申請書 
*パスポートの顔写真ページのコピー(JPEG形式)
*英文の在学証明書、卒業証明書、入学許可書のいずれか1点 (氏名・国籍・性別・生年月日が明記されたもの・JPEG形式)

スキャンについて
JPEG形式に取り込む際の画像ファイルは鮮明であること。 重さは100〜150KB程度で。
申請手順

1、申請はオンラインのみ。MOM公式サイトから申請書をダウンロードする。 (MSワード形式)
2、上記必要書類に明記し、メール添付ファイルにてMOMへEメール(送付先アドレス: mom_whp_wpd@mom.gov.sg )送信する。その際の件名は「Application for WHP」とする。
3、 審査結果はメール通知。合格者には IPA(In-Principle Approval for the WHP)が発給されます。

*審査の結果が送られるまで約21日間必要

パス、ビザ発給
必ず IPAを持参した上で 査証免除にてシンガポールに渡航してください。
入国後、MOMに出向いて必要書類を提出するとWHPパス(ワーホリ用の労働許可証)が発給してもらえる。

【必要書類】
*IPA、WHPパス申告用紙
*パスポート:ビザの空白ページが2ページ以上あること
*入国日より6ヶ月以内の予約済み出国用交通チケット:飛行機、船、鉄道など
*WHP発給料金:SD40

入国時の査証免除から長期旅行ビザへの切り替えを行います。この切り替えはMOMまたは移民局で手続きを行います。ビザの発給料金はSD40
問合せ先
シンガポール人材開発省 (MOM)
・住所/18. Havelock Road. Singapore
・受付時間/月〜金(8:00〜16:00)、土曜(8:00〜12:00)

シンガポール大使館

英語があまり得意じゃなくても、手続きそのものはオンライン化されていますし、そんなに難しいものじゃないですよね。ワーホリビザ手続き代行として留学会社や旅行会社がサービスを行っていますが、おおよそ1万円前後の代行料金を取られますので、余程忙しい人じゃない限りは自分でなさる事をおすすめします。
(代行を頼んでも、結局MOMに出向いたり一番面倒なところは自分で行かないとダメだと思います^^;)


注意1:上記インフォメーションは2007年12月20日現在管理人がMOM、シンガポール大使館のサイト、大使館の人に問合せたものをまとめたものです。要綱の詳細などは流動的なものなので、必ず最終確認はMOMのサイトにて各自行ってください。また私は行きたくても行けない年齢のため申請できませんので確認がしようがありません^^;そこで実際手続きをされた方で上記以外のことがありましたら情報提供おねがいしますm--m
留学掲示板への”ワーホリ記”の投稿もぜひよろしくおねがいしますm--m


注意2:検索されていらっしゃる方は”シンガポール ワーキングホリディ”で検索される方も多いと思いますので、ボタンはワークホリディ(ワーキングホリディ)とさせて頂いております。

home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved