シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  
トップ>>Report
シンガポールホラー映画 『メイド 冥土』


夏の涼夏はシンガポールホラームービーで!!

<STORY>

シンガポールでは毎年、中国の太陰暦の7月に地獄の門が開き、死者達が人間界を彷徨うと言われている。この期間はとても危険な期間でタブーを犯してしまうと死者にさらわれてしまうと言われている。

1、夜名前を呼ばれても振り向いてはいけない
2、泳ぎに行ってはいけない
3、誰もいない場所で知らない人と話してはいけない
4、儀式で燃やした灰は掃除してはいけない。。。等

そんな中フィリピンの小さな村からメイドとして雇われ、京劇一家が住むシンガポールにやってきた18歳の少女ローザは、 知らないうちち太陰暦のタブーを侵してしまい、以来彼女は不気味な亡霊を見るようになり、悪夢のような出来事に巻き込まれてゆく・・・



<独断レビュー>

製作総指揮は香港から「The Eye」「インファナル・アフェア 無間序曲」のダニエル・ユン、監督、脚本はこの作品アメリカで配給された初のシンガポール人監督と評価の高いケルヴィン・トン、 キャストにフィリピン人女優、シンガポール人俳優、香港俳優とまさにアジアの才能が集結してできたアジアンホラー。

舞台は主にシンガポールのチャイナタウンです。他、オーチャードのラッキープラザやチャンギ空港等オールシンガポールロケ。
シンガポールに行った人や、
特に中国系シンガポール人の死者に対する儀式や迷信等の文化に興味ある人は、特に楽しめると思います。

ジャパニーズホラーといえば、どちらかというと映像と音響で怖がらせるのに対し、この作品は物語で怖がらせます。
出てくる幽霊たちはそれぞれ怨念を持っているのですが、あまり怖くなくて、むしろとても人間らしく(?)同情心すら抱くような幽霊たちです。
しかし 最高に怖いのはヒロインがメイドとして働く先の京劇一家です。
クライマックスではホラー映画なのに、幽霊よりも生身の人間にゾッとさせられました・・・
「キャァァァ!!」 と大絶叫するような怖さのホラーではなく、鳥肌がジワリ、ジワリと立つような怖さのホラーです。

これから行かれる方で怖がりな方は、個人的には帰国後の鑑賞をおすすめしますが。^^;



製作総指揮 ダニエル・ユン
監督 ケルヴィン・トン
出演 アレッサンドラ・デ・ロッシ
チェン・シュウチェン
ホン・フイファン
ベニー・ソウ
脚本 ケルヴィン・トン



作品名 メイド 冥土
発売元 パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
価格 ¥4,179(税込)
発売日 8月24日
 


home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved