シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  


生活
住宅探し
物件を決める
銀行口座開設
電話・携帯電話
メイド
在留届の提出
日本人会


交通
バス  タクシー
MTR/LRT
フェリー/クルーズ

各種メディア
テレビ ラジオ
新聞

医療
熱帯特有病
病院一覧

買う
日本食
日本書籍




多民族文化
法律と罰金制度
シングリッシュ
恋愛


シンガポール ホテル予約シンガポール ホテル予約はこちらから!!







トップ>多民族国家




優遇されていたマレー人と中国系との軋轢から、中国系の人々が作った国家がシンガポールです。
そのため、人口は中国系が75%と最も多く、マレー系が13%、インド人が8%で構成されています。
その他、永住権を持つ外国人が10万人、居住外国人が31万人と、全人口の1割以上を占めており、辺りを眺めるとまさに人種のるつぼ。移民によってつくられた多民族国家といえるでしょう。
そのため公用語は英語、中国語、マレー語、タミル語で、すべての人が英語と自分の民族の言葉を話すので、欧米人にとっても大変暮らしやすく、沢山の永住権保持者が住んでいます。


                                          


民族の特徴

中国系シンガポール人は主に福建、潮州、広東、客家出身で、この出身地のつながりを大切にします。また働き者で、商才に長けており、ビジネス界の成功者もたくさんいらっしゃいます。それと関係するのか、彼らはお金の話が好きで、またシビア(ケチ?)です。

マレー系は、競争を好まずおっとりして、よく言えばおおらかなで悪く言えばアバウト。仕事に関してもあくせく働くというよりもマイペースで、人懐っこい。敬虔なイスラム教徒が多く、女性は身体の線がみえない民族衣装を着ていたり、ドゥドゥンと呼ばれるスカーフで頭部をおおっています。

インド系の80%が南インド出身者で、顔立ちがアジア人とは異なり、彫が深いアーリア系の顔立ちで、女性はあでやかな民族衣装(サリー)を着ている人が多いように感じます。また話術が巧みで頭の回転は速いひとが多く、弁護士や医者などの専門職に就く人が多いそうです。

一般的にガイドブックには、たいていシンガポールは異民族が団結して、そしてよく調和している国だと謳ってあります。しかし実際には、同民族同士のグループが多く、思った以上に異民族間での交わりがなく、多民族国家というよりも他民族国家という印象。
確かにシンガポール政府は、すべての民族に対しては平等な政策をとっており、またデモや集会なども厳しくとりしまっています。そのためにうまく調和がとれているのでしょうが、実は根底には民族間の軋轢が、多少あるように感じられてなりません。
しかし、欧米の多民族国家と比較すると、マレー系、インド系などのマイノリティ達の、マイノリティ特有のストレスがあまり見受けられないので、やはりそれがシンガポールなんだと思います。















home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved