シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  
シンガポール エリアガイド


オーチャードロード
チャイナタウン
シティホール・マリーナ地区
リトルインディア
シンガポールリバー
セントーサ
ビンタン島


シンガポール ホテル予約シンガポール ホテル予約はこちらから!!



■旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】









トップエリアガイド>オーチャード・ロード
オーチャード・ロード エリアガイド



ショッピングタウンとして名高いオーチャード・ロード。有名デパート、ショッピングセンターが立ち並ぶ。見所としてはそれほど多くはないエリアだが、世界最大規模の蘭園や、日本にも縁深いフォートカニング・パークなどがある。

シンガポール植物園/国立蘭園 

シンガポール植物園/国立蘭園 
Botanic Garden/National Orchid Garden

シンガポール植物園は、熱帯植物や噴水、湖などがあり、しかも朝早くから入れて無料。
その中に世界最大蘭園があり、その種類はなんと。3000種類。故ダイアナ妃、天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻など、世界の名士の名が名付けられら蘭が美しく咲き乱れている。なんと、ヨン様蘭もあるらしい。


住所: 1, Cluny Road, Tel:6471-7361
営業時間:5:00-24:00 年中無休(蘭園)
入場料:大人S$2 子供S$1

アクセス:オーチャードブルバードから、バス77,106,123,174に乗って10分程度

 
チェティア・ヒンズー寺院
チェティア・ヒンズー寺院
Chettiar Hindu Temple
シンガポールではよく見かけるヒンドゥー寺院の1つ。高さ23m門には、ヒンズーの神々が彫刻されていて芸術的。

見学時間:8:00-12:00 17:30-20:30
入場料は無料

アクセス:MRT Dhoby Ghautより徒歩8分
 
イスタナパーク 大統領官邸
イスタナパーク/大統領官邸
Istana Park/ Isatana
イスタナとはマレー語で宮殿の意。イスタナパークでは野外イベントなども開催されたりするが、すべて大統領官邸敷地になっている。普段は閉められていて、衛兵が24時間体制で見張る厳重体制だが、旧正月、独立記念日、 デーパバリ、ハリラヤプアサ、レイバーデイには開放される。衛兵の交代式(毎月第一日曜日、17:45から)は興味深く、必見の価値あり。

アクセス::MRT Dhoby Ghaut徒歩1分以内
http://www.istana.gov.sg/
 
フォートカニング・パーク
フォートカニング・パーク
Fort Canning Park
元々はマレーの王様が砦を作ったところだが、現在はのどかなシンガポーリアンたちの憩いの場となっている。
しかし イギリス統治の時代に軍司令部が置かれ、第二次世界大戦中は、日本軍の要塞として使われ、戦争に縁深い場所でもあり、砦跡はバトルボックス博物館となっている。


Tel:6332-1200
見学時間:7:00-19:00
アクセス: MRT Dhoby Ghautから徒歩6分


 
シンガポール美術館
シンガポール美術館
Singapore Art Museum
建物は、19世紀半ばフランス人研修僧によって建てられたカトリック名門男子校、St.ジョセフ学院。教室だった部分をアートギャラリーとして使っていて、主にシンガポールの現代美術アーチストたちの作品が展示されている。
金曜日の18:00すぎに行けば、入場料は無料。

Tel:0332-3222
見学時間:9:00-18:00(金曜日は21:00までオープン)
入場料:大人S$3、子供S$1.5
アクセス: MRT Dhoby Ghautから徒歩8分 ブラス・バサー・ロード沿い
http://www.nhb.gov.sg/sam/sam.shtml
 
ペラナカンプレイス
ペラナカン・プレイス
Peranakan Place

中国移民たちが、マレー女性と結婚して、中国文化とマレー文化を融合させて新しい文化を創った。その独特な文化のことをペラナカン文化と呼ぶ。
そんな中華とマレーが融合した独特な雰囲気のエリアで、植民地時代の雰囲気とはまた違った、ルーツ的なノスタルジックな雰囲気が漂うエリア。

アクセス: MRT Somerestから徒歩3分





ヨン様ブームはシンガポールが1年ほど先だった!

韓流とよばれる韓国ドラマブームは、日本よりもシンガポールやタイなどの東南アジアが先だったらしいです。勿論、冬ソナこと「冬のソナタ」も人気があったようです。日本がおばさん中心で、韓流ブームというよりはヨン様、冬ソナブームなのに対して、シンガポールでは若い年齢層の男女が韓国スターを好むという韓流ブームでした




home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved