シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  
シンガポール エリアガイド


オーチャードロード
チャイナタウン
シティホール・マリーナ地区
リトルインディア
シンガポールリバー
セントーサ
ビンタン島


シンガポール ホテル予約シンガポール ホテル予約はこちらから!!



■旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】








トップエリアガイド>リトルインディア・アラブストリート
リトルインディア アラブストリート エリアガイド



隣り合うリトルインディアとアラブストリートは、シンガポールで最もエスニックな街。異国情緒たっぷりの宗教建造物が見所。またおしゃれエリアとして若者に人気高いブギスエリアも近い。

スリ・ビ-ラマ・カリアマン寺院 
スリ・ビ-ラマ・カリアマン寺院 
Sri Veeramakali Aman Temple

チャイナタウンの スリ・マリアマン寺院よりも小規模だが、ゴープラム(門)の神々の彫刻細工は色彩鮮やかですばらしい。
観光客や祈りに訪れるローカルインド人たちでいつも賑わっている。
セラングーン・ロード沿いにある。

住所: 141 Serangoon Road  Tel: 6295-4538
見学時間:6:30-12:00 18:00-21:00 年中無休
アクセス:MRT Little Indiaから徒歩5分
入場料は無料だが、小額でもお賽銭をおくのがマナー

http://www.sriveeramakaliamman.com/

 
アブドゥル・ガッフール・モスク
アブドゥル・ガッフール・モスク
Abdul Gafoor Mosque
ムーア建築で国家の記念建造物にも指定されているイスラム寺院。
内装もとても精巧な細工が施されており、エキゾティックで神聖な香りがただよう。
ノースリーブ、ショートパンツでは入ることが出来ないが、事務所で衣装を貸してくれる。

住所: 41Dunlop Street,  TEL: 6295-4209
見学時間: 8:00-21:30 (変更あり) 年中無休 
アクセス:MRT Little Indiaから徒歩5
 
スルタン・モスク
スルタン・モスク
Sultan Mosque
黄金のドーム型屋根が一際目立つ、イスラム寺院で、アラブストリートのランドマーク的存在。1824年にラッフルズ卿の援助で建てられたが、現在のものは1928年に建てかえられたもの。
観光客が入れるのは、入り口付近と廊下のみ。マレー人にとってどれほど神聖な存在なのかうかがえる。勿論ノースリーブやショートパンツでは入ることができない。

住所:3 Muscat Street Tel:6293-4405
見学時間:9:00-3:00, 14:00-16:00  金曜礼拝時は入場禁止
アクセス:MRT Bugisから徒歩10分
http://www.mosque.org.sg/sultan/
 

クァン・イン寺院

クァン・イン寺院
Kwan Im Thong Hood Cho Temple
1884年に建てられた仏教寺院。伝統的な中国らしい赤と緑を基調にした建築物。病気、けがからの回避と金運のご利益があるらしい。老若男女のシンガポリアンたちが、線香の束をかざして熱心に祈る姿が印象的。
門の前には屋台が立ち並んでいる。

住所: 178 Waterloo Street
アクセス:MRT Bugisより徒歩5分
見学時間:8:00-18:00 入場無料
リトルインディア シンガポール テッカ センター
Tekka Centre
ローカルからは通称”KKセンター”として親しまれているマーケット。スパイス、野菜、肉、衣料、アクセサリーなど日用品を中心に、あらゆる商品が立ち並んでいる。1Fにはウエットマーケット、2Fのホーカーセンターはインド料理を中心に中華やマレー料理もあり、インド系地元客で賑わっている。

アクセス:MRT Little India駅より徒歩1分

 
千塔寺院 Temple of Thousand Light
千塔寺院 
Temple of Thousand Light

高さ15m、重さ300トンの巨大大仏像が座っており、その周りに1000のライトが輝いているため、1000のライトという名前で呼ばれているが、正式名はシャカ・ムニ・ブッダガヤという。大仏な中に入ることができ、中には涅槃像が祭られている。あちこちに金箔がはられていて、色使いも派手で、これぞ東南アジアの仏像だという感じ。

住所:158 Telok Ayer St.
営業時間:6:30-17:30 年中無休
アクセス:MRT Farrer Parkより徒歩4分
入場料は無料だが、小額でもお賽銭をおくのがマナー

 
マレー ヘリテイジ センター マレー ヘリテイジ センター 
Malay Heritage Centre

1842年に建てられ、近年までマレー王族が住んでいていた邸宅を修復した建物を修復して、マレー文化を伝えるミュージアムとして使われている。伝統的なマレー舞踊と音楽等、マレー芸術を楽しむことができるプログラムが色々ある。

住所:85 Sultan Gate tel:6391-0450
営業時間:9:00-19:00 ミュージアムは10:00-18:00(月曜日は13:00〜)
入場料:大人S$3 子供S$1
アクセス:MRT Bugis駅から徒歩10分
http://www.malayheritage.org.sg/

 
ブギス・ビレッジ
ブギス・ビレッジ
Bugis Village

ショッピングモールのブギスジャンクション横の100mほどの路地の両側に食べ物、雑貨屋、アクセサリーなどあらゆるものを売っている露天街。おみやげ品も、同じものでもシティ近辺で買うよりも断然安い。庶民的なホーカーズもあり、ローカルたちでにぎわっている。東南アジア特有の雑多でカオスな雰囲気が楽しい。
また、戦前は日本人が多く住んでおり、リトルジャパンとよばれていたエリアでもある。

アクセス:MRT Bugisより徒歩2 分
 
バルーン シンガポール ブギス DHL バルーン
DHL Baloon

フランスで設計された、ヘリウムガス気球に乗って、地上150mから壮大なシンガポールビル郡の絶景を見下ろすアトラクション。飛行時間は10分弱ほど。高所恐怖症の人にはおすすめできませんが、爽快ですよ。

乗り場:MRT Bugis駅 Tran Quee Lan Street (7th Story Hotelの隣)
乗車料: 大人SGD23 、子供 SGD13 (3才から12才)、 3歳以下の子供 SGD2。
営業時間:11:00-21:30
Tel: 6338-6877


 なぜイスラム街にヒンズー寺院、仏教寺院があるの?

ラッフルズ卿は、職を求めてシンガポールへ移住してきた中国人、インド人と、もともと住んでいたマレー人を、民族ごとに居住区域を決めて、そのエリアに住まわせて民族ごとのコミュニティーを作りました。そのエリアはそれぞれ隣あわせになっていた上にとても狭かったため(もちろん人口も少なかった)、イスラム街にヒンズー寺院や仏教寺院があったりするんですね♪





home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved