シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  
シンガポール エリアガイド


オーチャードロード
チャイナタウン
シティホール・マリーナ地区
リトルインディア
シンガポールリバー
セントーサ
ビンタン島


シンガポール ホテル予約シンガポール ホテル予約はこちらから!!



■旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】








トップエリアガイド>シティ・ホール/マリーナ地区
シティホール マリーナ エリアガイド



このエリアは行政の中心地であり歴史的中心地。ビクトリア調の美しい建築物が立ち並び、クラッシクな異国情緒たっぷり。

ラッフルズホテル
ラッフルズホテル 
Raffles hotel

110年の歴史をもつシンガポリアンの誇り、ラッフルズホテル。古きよき伝統を守っているその上品な白亜なたたずまいはただ、ただ素敵の一言。古くから世界の作家、芸術家、文化人達に愛されてきた。だれもが「いつかここにスティしたい・・・」と夢を抱くが、アーケードと1階ロビーは観光客にも開放されているので、必見だ。
ヨーロッパの宮殿庭園を思わせる中庭も見所。
ちょっと疲れたら、ティールームで伝統にハイティを楽しむのもオツ!

住所:1 Beach Rd. tel:6339-7650

アクセス:MTR Cith hallから徒歩5分

 
セントアンドリュース教会
St.Andrew's Cathedral
緑の中に立っている真っ白な英国教会。 ラッフルズ卿が建てさせたが、現在のもは1863年に立て替えられたもの(2度も落雷で崩壊したらしい)だが、もっと新しい建物に見える。
天井にはステンドグラス細工があり、夜にはライトアップされて幻想的。

住所: 11 St Andrew's Road ,  TEL: 6337-6104
営業時間:7:00−20:00
http://www.livingstreams.org.sg/sac/
 
ラッフルズ卿
ラッフルズ卿上陸地点
Sir Raffles Landing Site
シンガポールの建国の父、スタンフォード・ラッフルズ卿が、1819年に初めて上陸したといわれる地点。何もない未開地だったこの地を、貿易の中継地点として繁栄させたラッフルズ卿の功績は大きく、現在でもシンガポリアンに慕われている。
腕組したラッフルズ卿の白い像が建っているだけだが、歴史的背景を考えると感慨深い。
背景の高層ビルとのコントラストが、またシンガポールらしい。
ノースボートキー沿いにある。

アクセス:MRT シティ・ホール駅より徒歩10分
 
マーライオンパーク
マーライオンパーク
Merlion Park
高さ8m、シンガポールのランドマーク的存在のマーライオンは、上半身はライオンで下半身がマーメード。サンスクリット語でシンガはライオンの意味で、国名の由来となった動物(しかしマーメイドはなぜ?笑)
”ションベン小僧(ブリュッセル)””人魚姫(コペンハーゲン)”と共に”世界3大がっかり”と悪名高きマーライオンだが、がっかりを楽しむために訪れるのもまた良い。
夜はライトアップされる。
ホテルフラトンの向かい側。

アクセス:MRTラッフルズプレイス駅より徒歩10分
 
シンガポール市役所 最高裁判所
シティホールと最高裁判所
City Hall &Supreme Court
政府省庁があり、ここが現在の行政の中心地。かつて第二次世界大戦終了時に、日本軍が英国軍に対して降伏調印を行った場所でもある。最高裁判所の玄関からの階段を上がった入り口に、シンガポール史を物語るレリーフがある。ビクトリア調の落ち着いた荘厳な建物で、対岸のモダンな高層ビルとは対照的で、これが象徴的光景ともいえる。

住所:St.Andrew's Dr. 
見学時間:8:30-17:00(月から金) 8:30-13:00(土)
アクセス:MRT シティ・ホール駅より徒歩3分

エスプラネード・シアターズ・オンザ・ベイ
エスプラネード・シアターズ・オンザ・ベイ
Esplanade Theatres on the Bay
ヨーロッパのオペラハウス様式に設計されたコンサートホールやシアターなだがある文化総合施設。2002年のオープン以来、この地区のランドマーク的存在で、その姿かたちが似ていることがら”ドリアン”という愛称で親しまれている。また併設するエスプラネード・パーク内、エリザベス・ウォークは、シンガポリアンのデートスポットとしてポピュラーだ。平日11:00-14:00は英語ガイドツアーも行っている。

住所: 1 Esplanade Drive  TEL: 6828-8222
営業時間:10:00−22:00
アクセス:MRT シティ・ホール駅より徒歩5分
http://www.esplanade.com/
 
シンガポール フライヤー
Singapore Flyer
マリーナ・ベイに誕生した、世界最大の巨大観覧車(イギリスの”ロンドン・アイを抜いた)。最頂点は地上165m、シンガポール、マレーシア、インドネシアまで臨むことができる360度のパノラマビューは圧巻。一周を約30分かけてまわる。

住所: 30 Raffles Avenue   tel:6334 9622
営業時間:8:30-22:30
料金:大人S$29.50、子供S$26.65 他カクテルフライト、プライベートフライトあり。
アクセス:MRT シティ・ホール駅より徒歩15分 (2010年に向けMRTプロムナード駅を建設中)

http://www.singaporeflyer.com/
 
市民戦没者記念碑
市民戦没者記念碑
The Civilian War Memorial
ラッフルズシティ、マリーナコンプレックスの間にある、戦争記念公園に建てられた、記念石碑。細長い外貌から、”チャップスティック(お箸)”と呼ばれている。
戦争の犠牲になった中国人、マレー人、インド人、欧州人が4本の柱にの象徴となっている。
忘れがちになるが、ここは旧日本軍により多くの一般市民が犠牲になったシンガポールの地。 是非冥福を祈りに訪れたい。


 
アルメニアン教会
アルメニアン教会
Armenian Church
Hill Streetに面して立っている真っ白な教会。
1835年に、当時12家族しか住んでいなかったアルメニアンによって建てられた、シンガポール最古の教会。
サーキーズ兄弟(ラッフルズホテル創立者)をはじめ、アルメニアンコミュニティーは経済的にも成功した人たちばかりだった。

設計者は、初期シンガポールのビクトリア風の建築物作品を数々残しているジョージ・コールマン氏。





home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved